風俗求人で気になるのは本番行為があるのかどうかではないでしょうか。風俗で一番のネックが本番をしなければいけないかどうかです。本番行為は実際は違法です。ソープランドでは、例外的に本番行為が行われているのですが、実査のところファッションヘルス、デリバリーヘルス、ホテルヘルスなどでは本番は禁止されており法律の上でこれは決められていることなのです。

しかし女性によってはお店に内緒で本番をしている人もいます。これは指名をよく受けるお客様からの要望で断れない場合などが多いです。しかし一番悪質とされているのは、お客さんもお店も本番行為そのものを黙認するケースがあるという点です。言葉巧みにお店はお客様を納得させ、そして女性に本番をするように頼んでくることもあるのです。

本番行為はソープでは行われていますので、風俗業界で働く場合にはこれは仕方がないことですし、ソープはそういった場所ですので、よく理解した上で働いたほうがいいでしょう。本番行為は基本的にはデリヘルなどのヘルスでは違法となっていますので、その際はちゃんと断れる勇気を持つことも重要ですし、最初に本番がないかどうかを調べておく必要はあるでしょう。

実際のところ、ソープでも本番行為が認められているというわけではありませんが、売春の立証ができないことから本番アリが黙認されているだけです。本番行為が法的に認められていると思っている人もいるかもしれませんがそうではありませんのでその点は覚えておきましょう。

ソープでは、具体的には最初から本番目的なのではなくて、体を洗ってあげている間にお客さんがムラムラしてきて、そして女の子を誘ったら女の子もお客さんのことを好きになったので本番をした、こうしたシナリオで黙認されています。